利尿作用でむくみ改善、副作用が少ないルプラックとは?

利尿作用でむくみ改善、副作用が少ないルプラックとは?

年齢とともにむくみが目立つようになり、特にお酒を飲んだ翌日の顔はパンパンで恥ずかしく、夕方頃には下半身がパンパンで、靴下や靴がきつく悩んでいました。
あの人気商品ラシックスの代理として効果抜群!?
ある日出会ったルプラックという利尿剤、服用してからむくみが改善されてきました!
そこでみなさんにもルプラックの良さをシェアさせていただきたく思います!

ルプラックとは?

ルプラックは、現在日本国内で認証されている利尿薬の一つになります。
強力な利尿効果を持ち、むくみの原因である溜まった水分や老廃物の排除を促します。
ルプラックの特徴として、効果は緩やかに作用し、副作用は他の利尿剤に比べて少なく安心感があります。
また、効果の持続時間も長いと言われている利尿薬は、女性モデルの間でも使用されており、撮影に向けて体をすっきりと整えている人もいるとか。

以前まではラシックスと呼ばれる利尿薬が人気でしたが、個人輸入の規制対象となり手に入れることができなくなったそうです。
そこでルプラックはその代わりとして今話題とのこと!
また、利尿薬の副作用で重篤な低カリウム血症が起こりにくいと言われており安心感があります。
目的がむくみの症状改善なら、強力な利尿作用は必要がないとも言われることから、ルプラックの強度は適切でむくみの対処にぴったりです!

ルプラックの有効成分にいついて

ルプラックの有効成分には「トラセミド」と呼ばれる成分が使用されております。
過去に販売されていた人気商品ラシックスの有効成分「フロセミド」と比べて効果は緩やかと言われております。

効果について

有効成分であるトラセミドが腎臓に働きかけることで、利尿作用を促し、体内の水分を排除する効果を持ちます。
これによりむくみが解消されます。
また、体内の老廃物を排除することで代謝が向上しダイエット効果や美容効果も期待されております。

副作用について

体内から水分が減少するので、副作用には血圧の低下によるめまいや頻尿、また喉の渇きなどが報告されているようです。
また、リスクは少ないですが低カリウム症や血小板減少など危険な副作用も稀に起こると言われております。

使用方法について

ルプラックは一日1回上限を1錠までに止めてください。
ぬるま湯もしくはお水で服用し、その際には多めに水分を摂取してください。
服用後30~60分で効果が発揮されます。

注意点について

服用後は利尿作用により尿意が起こります。
そのため長時間トイレに行けない時などを避け、事前にタイミングを見計らって服用ください。
服用により多くの水分を失う恐れがあります。
そのためしっかりと水分補給を行い脱水症にならないよう注意が必要です。
万が一異常な症状が見られた場合にはすぐに服用を中止してください。

みんなの口コミ

調べた結果、これまで人気だったラシックスと比較されることが多いようですね。
総合的な意見ではラシックスより効果は低いが副作用がなく安心的な感じが多かったです!

ルプラック購入方法

ルプラックは実際にどのようにして購入するのでしょうか?

病院で処方される?

病院では、ルプラックを処方されているみたいです。
やはり病院に通い直接処方される方が安心感はありますね。
しかし、ダイエット目的などでは処方してもらうことは難しいです。
また、仕事で忙しく、休みの日を使っていくのも面倒なところはありそうですね

ネットで購入

アマゾン(Amazon)で検索してもヒットせず。
楽天でも同じくヒットせず。
医薬品の販売基準が厳しそうです。
市販ドラックストアでは医薬品のため市販では販売されていないみたいです。

個人輸入代行サイトで購入

個人輸入代行サイトで購入
海外の販売元から代行業者が代わりに買い付けてくれます。
ルプラックのジェネリック医薬品で多数の種類があります。
稀に偽物を販売して被害に遭われる方もいるそうです。

輸入代行会社の見極めのポイントとして、会社の情報を知り信頼できる会社のみに頼みましょう。
また、怪しいルートからの購入も危険が高いと言われていますのでご注意を。

ルプラックの通販はこちら
※リンク先はルプラックを扱う正規個人輸入代行サイトです。

むくみ改善にはルプラックジェネリックで決まり!

これまでラシックスを服用されていた方、利尿剤を新たに探されていた方は、個人輸入代行で通販して、ルプラックのジェネリック医薬品を試してみてください。

ラシックスより強度は抑えられておりますが、むくみの改善にはバッチリ、初めて利尿剤を服用する方でも安心です!
また男女関係なくどなたでも使用していただけます。